糖尿病とEDの関係

糖尿病との関り

糖尿病との関り

勃起不全で悩んでいる男性が知っておきたい情報の1つとして糖尿病とED(勃起障害)の関係性です。

糖尿病は血液の中の糖分が高い病気で、体のいろんな部分に影響が出てくる難しい病気です。糖尿病の症状が進行すると他の病気を併発する恐れもありますので、生活習慣などのも気を付ける必要があります。

糖尿病はEDとの関係も高く、糖尿病にかかっている男性がEDになる確率も比較的高い結果となっているようです。

糖尿病の人はEDを発症しやす理由

勃起をするためには体のいろんな機能が必要になってきます。神経や海綿体など勃起を促進するのに必要な機能やペニスへ流れる血液なども大きく関係しています。

糖尿病によって神経に障害がでてしまうと性的な興奮を得ていても勃起せよ!という命令がうまく伝わらなくなる可能性があります。

また、勃起の作用には海綿体も関わっているため、海綿体の機能そのものが動かない状態ですと同じように勃起も難しくなってきます。

動脈硬化について

糖尿病の症状の1つとして血管に動脈硬化が出てくることです。いくつかある動脈の中でも陰茎やその近辺に関わってくる動脈がうまく機能しないと勃起しにくくなり、EDへとつながっていくのです。

その他のEDの原因としては年齢によるもの、ストレス、お酒、タバコなどさまざまな原因がありますが、これらは器質的EDと総称しています。ほかにも心因性EDや薬剤性EDなどと同じ勃起不全でもいろんなタイプがあるのです。

糖尿病性EDについて

ここで少し話を戻しますが、糖尿病性EDの診断方法としては、病院での検査が第一です。ヘモグロビンの数値なども計測してどれくらい糖尿病の症状が進行しているかなどのチェックを行います。

自覚症状として性行為中の中折れやペニスの硬さがMAXにならないと普段から感じている方は糖尿病性EDの心配をしておいたほうが良いでしょう。

ただし、糖尿病だからといって勃起不全が改善されない、薬を飲んでも勃起できないという事でもありません。

バイアグラやレビトラなどと併用できる治療薬の処方をしてくれる病院もあり、実際に勃起できたという話もありますので、あくまで参考情報として覚えておきましょう。

治療方法に関しては専門医の指示に従って根気強く改善していく事が大切ですが、基本的にはヘモグロビンの数値を戻すようにしたりして継続的な治療となるようです。

勃起障害も根気強く改善して本来のペニスの力を取り戻していきましょう。