効果が出ないときの対処法

薬を飲んでも効果がでないとき

薬 効果がでない

レビトラを実際に飲んでみたものの全く効果がなかった、いまいち勃起力が高まらなかったなどという声も聞いたことがあります。

勃起薬を飲んだからといって必ずしも勃起するとは限りません。その時の状況によったり、別の原因でペニスが起たない事もありますので、ここではレビトラを飲んだけど効果がでなかった時の原因として考えられるポイントを6つ紹介します。

食事に関する影響

レビトラは他のED治療薬に比べると食べ物による影響が少ないとされていますが、100%影響がないとは言い切れません。

食べ物を摂りすぎて満腹になってしまうとレビトラが十分に効かない事もあります。

もし、効かなかった場合には一度空腹時に飲んでみましょう。また、飲むときは水,ぬるいお湯で服用してください。

グレープフルーツとの併用だけは危険です。副作用の症状がより強くなる可能性もあり、その他体調悪化につながる恐れがありますので、ご注意ください。

レビトラ以外で試してみる

もしかするとレビトラとの相性が悪い可能性もあります。

そんな時にはレビトラにこだわらずにバイアグラやシアリスなど他のED治療薬を試してみましょう。

薬にも相性があるので、違うED治療薬なら効果がでましたという口コミなどもありました。

基本的にはリラックスを

レビトラを飲んで勃起を促進させるためにはリラックスしている事も大切です。

基本的には性的な興奮がないと勃起へとたどり着きませんので、ストレスが溜まっていたり、極端な疲労状態にあると前回は効果があっても今回は効果がないなんてこともあり得ます。

錠剤の量を調整

ED治療薬にはどんなお薬でも成分量があります。だいたいは5mg、10mg、20mgなどの医薬品が多いのですが、はじめは5mg、10mgを推奨しています。

体が慣れてしまうと同じ成分量では効き目がでなくなることもありますので、試しに少し成分量の多いレビトラやその他の勃起薬を試してみましょう。

性的興奮がない

根本的な原因として性的な興奮を得ていないでレビトラなどの勃起薬を飲んでいる可能性もあります。

勃起薬はあくまで性的な興奮状態にあると勃起を促進できるというお薬ですので、相手に興奮を覚えていない、なにかしらのメンタル的な問題で刺激が受けにくくなっていると、いくら勃起薬を飲んでも効き目がでない事があります。

その場合には、専門医に相談してみるのが一番の最善策です。

持病やその他の病気が関わっている

心臓病や肝臓病など持病を持っている方が利用した場合には勃起薬の効果を十分に発揮できない可能性があります。

そもそも持病をお持ちの方はレビトラを服用する前にかかりつけの医師へ確認をする必要がありますので、病院へ行ってください。

持病の関係で他の薬を飲んでいる場合、レビトラの併用禁忌薬に該当していることもあるので、こちらも注意が必要です。