偽物の判断

偽物(ニセモノ)の判断

偽物(ニセモノ)の判断

勃起薬はネット上に乱立しています。薬を製造する技術もどんどん高くなり、それを悪用している海外の業者も増えています。

一見普通の勃起薬に見えても中身が全く異なるもの(異なる成分)の場合も大いにあり得ます。

そんな時どうすれば良いのか?気を付けるべきポイントは?気になる勃起薬の偽物についてまとめていきます。

これからVIAGRAやLEVITRAなどの有名勃起薬やジェネリック品の購入を検討している方は参考までに!

安さにこだわるな

ED治療薬レビトラはドイツの製薬会社が製造している男性用のおくすりです。

会社名は「バイエル薬品」という名称ですので、もしレビトラの製造元がこの製薬会社以外のものだった場合、注意が必要です。

有効成分も本来であればバルデナフィルという成分が含まれているのですが、成分名も全く知らないものであった場合、ニセモノと疑ったほうが良いでしょう。

偽物を製造している工場はとてつもなく汚いですし、明らかに不純物が混じっていそうな雰囲気です。

お金がなくても勃起薬が欲しい、という願望から安さ重視する方も少なくないのですが、極端に安いものは要注意です。

偽物を飲んでしまうと体に悪影響を及ぼし、勃起作用どことか体調不良になってしまうリスクもあります。

レビトラの偽物を見分ける方法

Levitraの偽物を見分ける方法は正直難しいです。恐らく一般人の目では分からないほど微妙な違いでしょう。

本来のレビトラは錠剤に成分量が明記されていたり、色がオレンジベースだったりとある程度の特徴があるのですが、最近の偽物はこのあたりもそっくりに製造しているのでなかなか見分けがつきません。

特にネット通販では写真・画像のみで判断するしかありませんので、レビトラなどの勃起薬を購入する際には十分に注意する必要があります。

通販サイトで見極めろ

では、錠剤で見極めるのが難しいと分かったところで、次に注意するべきポイントは購入する予定の通販サイトです。

通販サイトもたくさんあり、どの通販サイトでもほとんど同じ商品を取り扱っています。

レビトラだけでなくGENERIC品やその他viagraなどの有名勃起薬など、ED治療薬に限らず、ダイエットサプリや育毛剤など、医薬品全般で取り扱っているところが多いです。

まず、通販サイトで意識する部分は、特定商取引法の記載やプライバシ-ポリシー、個人情報の取扱いなどに関してです。怪しい通販サイトは商品を売る事しか考えていませんので、このあたりの記載もありません。

ただただ、商品の情報や画像などから購入者を誘導しているのです。

最近はWEBサイトに対する規制も強くなっていますが、まだまだ安心できませんので、個人輸入代行サービスに対応している通販サイトもしっかりと見極めましょう。

その他には口コミ情報も参考にしてみると良いです。