病院での処方について

レビトラを病院での処方する場合

レビトラを病院での処方する場合

病院でレビトラの処方をしてもらっている方は意外と少ないです。実際、勃起不全になったとして、皆さんは病院に行って診察してもらいますか?正直恥ずかしさもあったり、忙しくて行けない事もあると思います。

もちろん、病院の診察の方がより安心感や正しい診断結果がでるとは思います。薬以外での改善方法も案内されるかもしれません。

ですが、一般的に多いのは薬での治療方法です。ED治療薬を通販で購入してもらったり、場合によっては友人にもらったりと入手するルートは人それぞれですが、病院でレビトラなどの勃起薬を処方してもらうというケースはどうやら少ないという現状もあるようです。

病院での処方

実際に病院に行くと処方されるまでにそこまで時間はかからないようです。病院にもよると思いますが数十分程度で処方されます。

また、ネット通販でレビトラを購入すると1箱4錠入りが基本的なセットなのですが、病院では1錠単位で購入する事ができるのでお試し感覚で購入できるというメリットはあります。

その他にも病院によってはED治療薬と同時に精神安定剤の処方も行っていて、安定剤を飲むことで性行為前にリラックスできている状態にし、ED治療薬の本来の力を発揮させるという目的もあるようです。

処方されない場合もある

病院に行ったからといって必ずしもED治療薬が処方されるとは限りません。

持病などで心臓や血液などに異常がある場合にはED治療薬と併用する事で危険な可能性もあるので、持病を持っている方や極端に血圧が低い、高い方には処方されない事もありますので、覚えておきましょう。

保険の適用について

VIAGRA・LEVITRA・CIALISとED治療薬の種類によって病院で取り扱っているミリグラム数の種類は異なります。

ネットでは普通に販売しているミリグラム数の錠剤も病院ではおいていない事があります。

日本国内で認可されている成分量のものしか病院では処方されませんので、念のため知っておいても良いでしょう。

また、保険の適用もありません。薬代はそのまま全額負担となります。男性の悩みとしては勃起不全は重大な病気の1つなのですが、まだまだ国内にはそこまで浸透していない印象があります。

上記のことからも海外で売られている正規の医薬品を安く購入したいという男性が多いのです。